離乳食はいつから?茅乃舎だしの活用方法!無添加だから安心!

茅乃舎だしで健康生活

離乳食のスタートはいつから?

赤ちゃんが生後5ヵ月を過ぎると、そろそろ離乳食が始まります。
その頃になると、赤ちゃんは首がすわり腰もしっかりして座っていられるようになります。
そして、ミルクだけでは物足りなくなり食べ物に興味を示し始めます。
これが離乳食スタートのサインなんだそうですよ。

さて、離乳食を始めるとしたら最初は何が良いのでしょうか?
基本的には、10倍粥から始めるのが良いと言われています。
10倍粥は、米1に対して水10の割合で作りますから、とてもサラサラしたお粥です。
もちろん、調味料などは一切入れる必要はありません。赤ちゃんは、まだ味覚が発達していないので、出来る限り素材の味をそのまま味わってもらうことが大切です。

お粥が食べられるようになったら、次のステップは芋類などの野菜をつぶしてペースト状にしたものが良いですね。野菜も一つずつ克服していけばいいのですが・・・、そうは言っても苦いもの、酸っぱいものは苦手なので、嫌がって食べない時は無理に食べさせる必要はありません。
味の薄い食材から順番に食べられるようになればいいのです。
私も子供の頃は苦手だったものが、今では大好きになっています。
大人になれば、嫌いだったものも好きになっていくはずですよ。

薄い出汁で味覚を育てる

子供の味覚の発達は、生後6ヵ月ぐらいから10歳ぐらいまでと言われています。
小さい頃から味付けの濃い食事に慣れてしまうと、大人になってからいろんな弊害があるんです。
大人になっても濃い味付けでないと食べれなくなってしまいます。
そうなると、内臓に負担がかかり将来は生活習慣病にかかるリスクが高まります。
子供の頃は、食品それぞれの素材の美味しさを知ることが大切なんですね。
だから、旬の食材に出汁を利かせるだけで、余分な調味料は一切使わなくていいんです。

旬の食材は、だし汁で柔らかくなるまで煮てからフードプロセッサーでペーストにするだけ!
これで、簡単に離乳食が作れます。
ところで、だし汁をとるのが大変と思っている方がいるかもしれませんが・・・
最近は、家庭用だしパックを使えば、簡単に美味しい出汁がとれますよ。

茅乃舎だしは離乳食作りにおすすめ

最近、メディアでも取り上げられて話題の「茅乃舎だし」は厳選された国産素材だけで作られただしパックです。また、化学調味料や添加物は一切使っていないので、赤ちゃんの離乳食にも安心です。
お味は料亭の味も顔負けっていうくらい美味しいですよ。

image

離乳食には、「茅乃舎だし(減塩)」を使って、最初は薄めにだしをとって旬の野菜を柔らかく煮てあげて下さい。和風だしは、野菜の本来の美味しさを引き出してくれるから・・・。
こういう和風だしの食生活で育った子供は、大人になってもしっかりした味覚をもった健康な大人になれるはずです。それがお母さんとしての務めだと思いますよ。

減塩タイプの茅乃舎だしは、楽天市場で購入できますよ。

↓↓↓

減塩 茅乃舎だし 8g × 27袋


減塩 茅乃舎だし 8g × 27袋

引用元:離乳食はいつから?茅乃舎だしの活用方法!無添加だから安心!

素材提供:糸島新鮮野菜の友池さん

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。