記念日や贈り物への料理に!オペラケーキのレシピ

食の贅沢.com

今回は、オペラケーキのレシピをご紹介します。

オペラケーキはほのかな苦味・甘み・そしてしっとり感が生む、「これぞ贅沢」と言えるケーキです。見た目も美しく、誕生日・贈り物・記念日などにぴったりなケーキですので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

オペラケーキのレシピ

オペラケーキ
分量3 人分
下準備30
調理2 時間
所用時間2.5 時間
材料
生地
  • 4 全卵
  • 2 卵白
  • 30g グラニュー糖
  • 120g アーモンドプードル
  • 30g 薄力粉
  • 120g 粉糖
  • 30g 無塩バター
バタークリーム
  • 2 卵黄
  • 150g 無塩バター
  • 50g グラニュー糖
  • 200cc 牛乳
  • 20g 薄力粉
  • 3~5g インスタントコーヒー
ガナッシュ(チョコクリーム)
  • 100cc 生クリーム
  • 100g チョコレート
シロップ
  • 20g グラニュー糖
  • 50cc ラム酒
  • 30cc
仕上げ
  • 50g コーティング用チョコレート
作り方
【生地】
  1. 卵白とグラニュー糖を泡立て、メレンゲを作る。
  2. 全卵にふるったアーモンドプードル・粉糖を加えて泡立て、その後薄力粉をふるい入れてさらにかき混ぜる。
  3. ②に①を少しずつ加え混ぜ、溶かしたバターを加えてさらに混ぜる。
  4. キッチンシート等を敷いた天板に、厚さが5mm程度になるよう生地を入れ、200度のオーブンで約10分加熱する。
【バタークリーム】
  1. 卵黄をほぐし、都度混ぜながら砂糖→薄力粉→60度に温めた牛乳の順に入れる。
  2. 鍋に①を入れ、木ヘラを使ってかき混ぜながら中火で、カスタードクリーム状になるまで煮詰める。
  3. バターを室温にし、②のクリームを大さじ1ずつ加えて混ぜる。
  4. 仕上げにお好みでインスタントコーヒーを加えてかき混ぜる。
【ガナッシュ】
  1. 生クリームを入れた鍋を弱火にかけ、刻んだチョコレート入れて溶かす。
【シロップ】
  1. 鍋に砂糖・ラム酒・水を加えて火にかけ、砂糖が溶けだすまで弱火で温める。
【仕上げ】
  1. 生地を4等分にし、ハケを使って生地に上記のシロップを塗る。
  2. 生地にバタークリームを乗せて平らにし、その上に生地を乗せる。再度シロップを塗り、ガナッシュを乗せて平らにして生地を乗せる。この工程を2~3回繰り返す。
  3. 仕上げに溶かしたコーティングチョコを生地の最上部に塗り平らにし、冷蔵庫で2時間ほど冷やせば完成!
  4. ※カットする際は、都度温めたナイフでカットしましょう。また、仕上げに金箔・アザランなどを乗せると見た目が美しくなります!
レシピのメモ

☆一見とても難しいように見えますが、工程を「生地・クリーム・ガナッシュ・シロップ・仕上げ」と小分けして考えると、工程や順番が大変分かりやすくなります。

 

youtubeの料理動画でご紹介!

 

ポイントを画像でご紹介

生地でのポイントは、生地を綺麗に平らにすることです。

最後に生地を重ねるとき、平らだと大変綺麗になるため、生地を焼く前にハケなどを使って丁寧に伸ばしていきましょう。

 

生地を焼く際、もし焦げそうだったらアルミホイルを途中から被せると、焦げを防ぎつつ中まで火を通すことができます。

 

バタークリームは、カスタードクリームを一度作ってバターと混ぜ合わせるイメージで今回は行います。

 

クリームの材料を中火で焦げないように混ぜながら熱すると、クリームがポッテリしてきます。このクリームをバターと混ぜると、コクのあるバタークリームができます。

 

そして最後の重ねる工程も、平らを意識すると切ったときの断面が綺麗になります。

 

時間をかけた甲斐のある、大人の甘さ引き立つ味です!

 

まとめ

今回は、オペラケーキをご紹介しました。

ご家庭で出来るなかでも特に贅沢なケーキで、しっとり感・甘み・苦味・香りが口いっぱいに広がる一品です。贈り物・プレゼント・記念日などにぴったりですので、ぜひ本腰を入れて作るときなどに試してみて下さい!

引用元:記念日や贈り物への料理に!オペラケーキのレシピ

素材提供:糸島新鮮野菜の友池さん

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。