茅乃舎だしの中身をそのまま使うレシピ!無添加だからできる!

茅乃舎だしで健康生活

中身をそのまま使える茅乃舎だし!

久原本家茅乃舎だしは、厳選された国産素材のみを使って作られる家庭用だしパックです。水と一緒にお鍋に入れて煮出すだけで、家庭でも簡単に料亭の味が楽しめることから口コミで人気が広がり、今では主婦の間で大人気となっています。

この茅乃舎だしは、美味しいとか安全・安心ということだけではなく、従来のだしパックの常識を覆すようなもう一つの優れた特徴があるんです。それは、国産素材だけを使って化学調味料や添加物を使っていないからできる・・・、使い方の特徴なんです。そうです。だしパックを破って中身の粉末をそのまま使うという方法です。例えば、中身の粉末を調味料やふりかけのように使うことができるということなんです。それでは、どんな使い方があるか、参考例をご紹介しましょう。

image

おにぎりに混ぜる

image

一番シンプルな使い方は、アツアツの炊き立てご飯に茅乃舎だしの中身をそのまま混ぜておにぎりを作るというものです。そうすれば、美味しい和風だしのおにぎりが完成します。これに少し手を加えたバリエーションとしては、茅乃舎だしでとっただし汁に醤油や料理酒を加えたものを使ってご飯を炊くんです。そして、だしをとり終えた後のだしパックも無駄にせず、破って中身を炊き立てご飯に混ぜ合わせてからおにぎりを作るというものです。いずれにしても、茅乃舎だしは、捨てるところは全くないということですね。

チャーハンに混ぜる

image

チャーハンは中華料理ではありますが、和風だしの風味を効かせて醤油を合わせた和風テイストのチャーハンにするととっても美味しいんです。フライパンの中で、ご飯と一緒に茅乃舎だしパックの粉末を加え、よくご飯と混ぜ合わせながら加熱していきます。具材も加えて炒めて、最後の仕上げに風味付けで醤油を少し加えて仕上げます。和風だしの優しい味のチャーハンは、いろんな具材と相性はバッチリです。

天ぷら粉に混ぜる

image

天ぷらの基本的な作り方は、具材に小麦粉・水・卵を付けて油で揚げるということは誰でもご存じですよね。その小麦粉に茅乃舎だしパックの中身を混ぜることで、とっても美味しい天ぷらが作れます。

お茶漬けのり代わりに

image

ちょっと小腹が空いたときに食べるお茶漬けも、この茅乃舎だしを使えば美味しくなります。お茶碗にご飯を盛り付け、そのうえから茅乃舎だしパックの中身を加えます。あとは、お好みであられや胡麻、ミツバ等を加えて熱い御茶をかければ完成です。我が家では、その時のお茶は玄米茶を使っています。私も大好きな一品です。

引用元:茅乃舎だしの中身をそのまま使うレシピ!無添加だからできる!

素材提供:糸島新鮮野菜の友池さん

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


レシピに迷ったら
  1. 菜の花のおひたし
    菜の花のおひたし