食の安全について、押さえておきたい事柄まとめ

食の贅沢.com

今回は、食の安全について押さえておきたい事柄をご紹介します。

食の安全については多くの問題や事柄がありますが、各問題に対する正しい知識を知ることで「正しい選択」が出来るようになります。

特に今回扱う事柄は、食品添加物・農薬問題といった身近なものを取り扱うため、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

食の安全について押さえたい事柄

1 食品添加物

食品添加物に関しては、食の安全のなかでも「かなり身近」な事柄であると言えます。

 

普段食べている漬物・調味料・冷凍食品・お菓子・ジュースなど、加工品のほとんどに食品添加物が入っています。

「食の安全」というとデメリットが注目されがちですが、食品添加物にはメリットも多く、「作られた場所からスーパーマーケットまで腐らずに商品が並んでいる」ことはまさしく食品添加物があるためです。

 

しかし一方で、糖分や塩分過多・添加物自体の危険性といった問題があるため、食品添加物のメリット・デメリットを知ることで、「健康・安全」を踏まえた正しい選択を取ることが出来ます。

 

【詳しくはこちら】
食品添加物とは?メリット・デメリット(危険性)をやさしく解説

 

 

2 農薬・化学肥料

食の安全で大きく取り上げられる事柄として、農薬・化学肥料が挙げられます。

農薬はもともと効率よく農業をするため、また化学肥料は少ない面積で多くの作物を収穫するために出来た、農業をより良くするためのものです。

 

しかし、実際に外国では、農薬・化学肥料過多で身体に支障をきたす事例も出ています。日本では安全に対する基準を設けており比較的安全と言えますが、心配な方は正しい知識をつける・しっかりと洗浄等をするといった対応を行うことで、さらに安心な食生活に出来ます。

また、最近では有機・オーガニックなど農薬・化学肥料を使わない作物も出ているため、そういった作物を選ぶことも選択肢のひとつです。

 

【参考】
家庭で残留農薬を落とす?

 

【合わせてどうぞ】
有機野菜(オーガニック)のメリット・デメリットをやさしく解説

 

 

3 遺伝子組み換え問題

遺伝子組み換え問題も、実は身近かもしれない事柄のひとつです。

 

遺伝子組み換えも「少ない農地で多くの作物を生産する」、「少ない肥料で多くの作物を生産する」ための方法ですが、健康に対する問題も出ている現状があります。

 

日本では厳しく遺伝子組み換えに関する安全性のデータを取っていますが、この遺伝子組み換え問題に関しても正しく知っておく、記載場所などを知ることで、より「安全」な選択を取ることが出来ます。

 

【詳しくはこちら】
遺伝子組み換えとは?メリット・デメリットをやさしく解説

 

 

4 トレーサビリティー

トレーサビリティーとは、「食べ物が作られる道筋をたどる」ことであり、どの場所で材料が作られ、どこで加工しているかを知ることです。

BSE問題でアメリカ産牛肉を使用しているか否かを「知る」経緯でとても注目されました。

 

食品メーカーなどの問題・不備がニュースを騒がせる中で、このトレーサビリティーを行うことでより安心してメーカーなどの商品を買うことが出来ます。

最近では、ホームページに生産地・加工場などを記載している企業も増えているため、もし不安・心配な方はトレーサビリティーを行ってから買うことも選択肢のひとつです。

 

【参考】
トレーサビリティー・キユーピー

 

 

補足① 食品企業の安全基準

現代において、食品企業の安全基準はかなり厳しい(消費者から見たら、かなりの安全水準)であると言えます。

 

工場内に異物が入らないための仕組み・衛生管理・金属探知機など、かなり事細かに検査を行い、「安全」という基準が出た時に初めて商品として出荷できます。

また、最近ではぺヤング問題といった「SNS」などによる情報拡散の早さもあるため、企業からすればより安全基準が厳しくなっている、つまり私たちから見れば、より「安全基準」が高くなっていることが現状です。

 

 

補足② 100%は無い→自分たちの目・舌も頼りに

また補足として、食べ物に関しては「100%」安全なものはありません。

 

食べ物は「生き物」であり、全て同じものは無いためです。

 

そのため、情報以外に私たちにとってかなり有効活用できる「安全策」は「目・舌」を頼りにすることだと思います。

 

実際に「安全」基準をクリアしている商品であったとしても、見た目での違和感を判別することによって自分たちで「見分ける」ことが出来ます。

色・形・触った感触・重さなど、食べずとも情報は多くあります。そういった自分たちの感覚・本能を使って判別することも、知識とともに大変重要な安全対策であると考えます。

 

 

食の安全 事柄まとめ

1 食品添加物
2 農薬・化学肥料
3 遺伝子組み換え問題
4 トレーサビリティー

補足① 食品企業の安全基準
→近年特に「高い」安全基準
補足② 100%は無い
→自分たちの目・舌も頼りに

 

食の安全に関しては、特に不安を煽るような情報だけではなく、食の安全に対する事柄について「表裏両方」をともに知っておくことで「正しい選択」、「安心できる選択」をとることが出来ます。

特に今回ピックアップした事柄は実はかなり身近な事柄でもありますので、ぜひ参考にしてみて下さい。また、詳しく調べてみたい方は、ぜひより調べてみてください。

引用元:食の安全について、押さえておきたい事柄まとめ

素材提供:糸島新鮮野菜の友池さん

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


レシピに迷ったら
  1. 菜の花のおひたし
    菜の花のおひたし